• 役割・業務紹介
  • 所在地・ご連絡先
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
ホーム  >  お知らせ  >  2004/10/14

お知らせ

2004/10/14

平成16年度「資源循環技術・システム表彰」について(10/14)

平成16年度「資源循環技術・システム表彰」について(10/14)

 平成16年度「資源循環技術・システム表彰」について、経済産業大臣賞をはじめ各賞の受賞テーマ及び受賞者が次のように決まりましたのでお知らせいたします。

表彰概要(PDF:825KB)

 表彰式は、10月14日(木)13:30から発明会館(東京都港区虎ノ門)にて行われました。


経済産業大臣賞(1件1社)
 
  高炉におけるプラスティック再資源化技術
    JFEスチール株式会社


経済産業省産業技術環境局長賞(3件2社、1団体)
 
  使用済み塩化ビニル管・継手のリサイクルシステム
    塩化ビニル管・継手協会
  石炭灰の建設資材への実用化利用に向けた取り組み
    株式会社 エネルギア・エコ・マテリア
  使用済み複写機の再生事業
    株式会社 リコー


財団法人クリーン・ジャパン・センター会長賞(5件5社)
 
  解体コンクリートを全量使用する現場再生コンクリートの開発
    株式会社 奥村組
  使用済みウィスキー樽の家具・建材への再利用
    サントリー株式会社 ワイン&スピリッツカンパニーブレンダー室
  建設副産物データ管理システムの開発と一元管理回収システムの展開
    清水建設株式会社
  塗料カス微粉末化による自動車防振材等へのリサイクル
    富士重工業株式会社 群馬製作所
  家電リサイクル工場における先進的なマテリアルリサイクル
    株式会社 松下エコテクノロジーセンター


奨励賞(4件4社)
 
  汚染土壌を固化・浄化・不溶化する固化剤及びシステムプラントの開発
    有限会社 アムスエンジニアリング
  メタル触媒コンバータからの貴金属回収事業
    カルソニックカンセイ株式会社
  石炭灰の道路用資材としての有効利用
    株式会社 神戸製鋼所
  リユース可能な仮設建物用基礎の開発
    大和工商リース株式会社



表彰の目的
 我が国が21世紀において持続的な成長を成し遂げていくために、環境と資源の制約を克服し、社会システムを循環型に転換させることが強く求められています。
 このため、我が国では日本の循環型社会システムのルールを定める各種法制度の整備を着実に進めているところであり、今後は、市民、産業界、大学、行政等が連携し、一体となって循環型社会システムの実現に向け前進することが求められます。
 このような背景のもと、経済産業省は、財団法人クリーン・ジャパン・センターを支援し、廃棄物の発生抑制・再使用・再利用に寄与する優れた技術開発等の特徴を有する事業を広く公募し、その奨励・普及を図ることにより循環型ビジネスを振興する目的で「資源循環技術・システム表彰」を実施しています。



 (問合せ先)
 
  財団法人クリーン・ジャパン・センター
    名木、柴田
電話:03-6229-1031
FAX:03-6229-1243
 

 

個人情報保護方針