イメージ 家庭のごみとリサイクル(3R)
イメージ
家庭のごみを出さない工夫

「廃棄物(ごみ)」を減らすこと、有効活用をすることができるか?

 

 「廃棄物(ごみ)」を減らすこと、有効活用ができるか?可能である!
 1.まず、発生抑制。(REDUCE)
 2.次に、不要となったものは再利用。(REUSE)
 他人に使用していただくことも選択肢(せんたくし)の一つ。
 例えば、自動車については昔から確立。
 びんやプラスチック容器(ビールビン、シャンプー容器等)等は何度も繰り返し使用する。
  3.その次に、どうしても再使用できないものは徹底的にリサイクル(RECYCLE)
 これらを品目別にもう少し具体的に説明すると以下の通りとなる。