小学生のための環境リサイクル学習ホームページ

もっと調べてみよう

ホーム > もっと調べてみよう > ごみはどうやって生まれかわるのかな(リユース、リサイクル) > 自動車

ごみはどうやって生まれかわるのかな(リユース、リサイクル)

どうしゃ

イラスト

どうしゃは、てつ、アルミニウム、どうなまり、ガラス、ゴム、プラスチックなどでつくられたおおくのひんからできています。

ひんれい

ボデー、エンジン、まどガラス、タイヤ、バッテリー、せきシートなど


どうしゃのリサイクル
ふきだし

リサイクルするためには、どうしたらいいの?

  1. どうしゃはんばいてんなどにってもらう。
     ⇒リサイクルようは、そのどうしゃときにすでにはらっています(1だいあたりやくまんえん)。

    リサイクル費用の対象物

  2. ほうとうきをしない。

ふきだし

どうやってリサイクルされているの?

どうしゃつくられてからリサイクルされるまでのなが

図

ふきだし

自動車は、どのくらい回収され、リサイクルされているの?

自動車

使つかわれなくなったどうしゃは、ほぼ100%かいしゅうされ、
回収かいしゅうされた自動車じどうしゃは、

95 がリサイクルされています。(2012年度ねんど

出典:(一社)日本自動車工業会 「環境レポート2013」より作成


ふきだし

何に、リサイクルされているの?

図


動画どうがてみよう
トヨタ自動車じどうしゃ(かぶ)

前のページにもどる

一般社団法人産業環境管理協会  資源・リサイクル促進センター

〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町二丁目2番1号 三井住友銀行神田駅前ビル

Copyright (C) 2013 JEMAI  All Rights Reserved.