小学生のための環境リサイクル学習ホームページ

もっと調べてみよう

ホーム > もっと調べてみよう > 外国はどうしているのかな? > ドイツ > ドイツのごみを減らすくふうや取り組み

外国はどうしているのかな?

ドイツのごみをらすくふうや

学校がっこうではどんなくふうやみをしているの?

ドイツでは、ごみの分別ぶんべつちかられています。

息子むすこかよ小学校しょうがっこうでは、教室きょうしつで1.普通ふつうごみ 2.古紙こし 3.容器包装ようきほうそう(プラスチック、かんなど)の3種類しゅるいけています。それぞれ、しろあお黄色きいろのごみばこで、一目ひとめでわかるようになっています。

1.普通ふつうごみ

鉛筆削えんぴつけずりやちりがみなど。

2.かみ

古紙こしやプリントなどです。

3.容器包装ようきほうそう

学校がっこうやす時間じかんべるおやつをってくるのですが、そのときのつつがみものかん、ヨーグルトの容器ようきなどが容器包装ようきほうそうになります。
日本にっぽんほどではありませんが、最近さいきんはひとつずつ包装ほうそうしているものがえてきたので、ごみもえつつあります。

学校がっこうでは1年生ねんせいのときから、ごみの分別ぶんべつやリサイクルついてならい、家庭かていでもするようしどうされます。ごみをらすことは、資源しげん無駄むだにしないことです。希望きぼうする学校がっこうでは、ハノーファー清掃公社せいそうこうしゃがごみについての出張授業しゅっちょうじゅぎょうもしています。

写真

ごみは、けててます

クラスには、ごみがかりがいます。

ごみがまちがいなく分別ぶんべつされているかチェックしたり、ごみばこがいっぱいになったら校庭こうていにあるおおきなごみばこてにきます。3年生ねんせいになっても、ときどきまちがってすてているがいるそうです。

写真

校庭こうていのすみにあるおおきなごみばこひだりからがみ容器包装ようきほうそう普通ふつうごみ。

3年生ねんせいどもたちにうちでごみの分別ぶんべつをしているかきいたところ、20人中にんちゅう18にんがしているとのこたええでした。「うちでは、ちいさいころからきちんとしているよ」とはなもいました。

写真

幼稚園ようちえんにあるごみばこ。ごみの種類しゅるいを、写真しゃしん使つかってわかりやすくあらわしています。


地域ちいきではどんなくふうやみをしているの?

地域ちいきでは、自治体じちたい企業きぎょう環境団体かんきょうだんたい協力きょうりょくしてごみをらす運動うんどうをしていますが、日本にっぽんほどさかんではないようです。それでもねん一度いちどごみひろいのがあり、ハノーファー清掃公社せいそうこうしゃのよびかけで企業きぎょう学校がっこう登録とうろくし、いっせいにごみひろいをします。2016ねんは9200にん参加さんかしました。

参加者さんかしゃおうじて、ハノーファー清掃公社せいそうこうしゃ福祉施設ふくししせつ寄付きふをするしくみになっています。

環境団体かんきょうだんたいちゅうには、新聞しんぶんからリサイクルをつくる体験授業たいけんじゅぎょう実施じっししているところもあります。

写真

古新聞ふるしんぶんをもとに、自分じぶんだけのかみをつくります。

また、ハノーファーではカーフリーデーやソーラーまつりなど、環境関係かんきょうかんけいのさまざまなもよおしがひらかれ、おおくの環境団体かんきょうだんたい市民しみん協力きょうりょくしています。

リサイクルやごみ減量げんりょうについての情報じょうほうコーナーもあり、たのしみながらまなべるようになっています。

写真

ごみについての情報じょうほうコーナー

そとのもよおしものでは、なるべく使つかてでなく、リユースのコップやさら使つかうようにしています。

移動式いどうしき食器洗しょっきあらがあり、使つかった食器しょっきはそのあらえます。大量たいりょうのごみがることもなく、とても便利べんりです。

写真

移動式いどうしき食器洗しょっきあら


まなびをサポートするくふうやみは?

ハノーファーには、ドイツでもっとも充実じゅうじつした市営しえい環境教育施設かんきょうきょういくしせつ学校生物がっこうせいぶつセンターがあります。幼稚園児ようちえんじから高校生こうこうせい対象たいしょうに、植物しょくぶつ動物どうぶつ自然保護しぜんほご、エネルギー、ごみなどさまざまなテーマについて、五感ごかん使つかった体験学習たいけんがくしゅうができるようくふうされています。

ごみについては、コンポストがあります。

写真 写真

バケツのコンポスト。どのコンポストが一番早いちばんはや分解ぶんかいするのか実験中じっけんちゅう

、ワラ、えだ針葉樹しんようじゅくさ新聞しんぶん、プラスチックなど素材そざいごとにバケツにれ、1ねん、2ねん、3ねん、4ねんとおいて比較ひかくします。プラスチックは4年経ねんたってもほとんどりませんが、ワラやはどんどんっていきます。なかでも一番減いちばんへりがはやいのは、プラスチック以外いがいのものを全部混ぜんぶまぜたバケツ。つまり、自然界しぜんかいのようにいろんなものがはいっていると、一番分解いちばんぶんかいはやいのです。自然しぜんはうまくできていることが、よくわかります。


ふきだし

どうしてドイツは環境意識が高いといわれているの?

ドイツじんもり散歩さんぽしたり、自然しぜん身近みぢかかんじることが大好だいすきです。

日曜日にちようびはスーパーやデパートなどおみせまっているので、家族かぞく友達ともだち自然しぜんちゅうでのんびりごします。

学校がっこう基本的きほんてきにおひるまでで、受験じゅけんはなく、小学校しょうがっこうから大学だいがくまで学費がくひはかかりません。授業じゅぎょうでは、自分じぶん意見いけんをいうことが大事だいじです。

仕事しごとをしているひとなつは3週間しゅうかんふゆは2週間休しゅうかんやすみをります。しゅみやボランティアをたのしんだり、環境意識かんきょういしきたかいのは、自分じぶんでじっくりかんがえる時間じかんがあるからかもしれません。

地球ちきゅう大事だいじにすることは、自然しぜんり、あるものを大切たいせつにすること。

だから、ごみをらすことやさないようにすることは、最初さいしょ一歩いっぽです。

みなさんがおおきくなったとき、どのような社会しゃかいになっているのでしょうか。

それは、みなさんにかかっていますよ。

写真

学校生物がっこうせいぶつセンターでそだったはな

前のページにもどる

一般社団法人産業環境管理協会  資源・リサイクル促進センター

〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町二丁目2番1号 三井住友銀行神田駅前ビル

Copyright (C) 2013 JEMAI  All Rights Reserved.