小学生のための環境リサイクル学習ホームページ

もっと調べてみよう

ホーム > もっと調べてみよう > 外国はどうしているのかな? > スーダン > ごみ問題解決と日本の支援

外国はどうしているのかな?

ごみ問題(もんだい)解決(かいけつ)日本(にほん)支援(しえん)

 レポーター: JICA 森 達朗 さん (2021年執筆)

どうやってごみ問題(もんだい)解決(かいけつ)しようとしているの?

スーダンの政府(せいふ)はごみ問題(もんだい)解決(かいけつ)するために、ごみ収集車(しゅうしゅうしゃ)をこう(にゅう)し、ごみをたくさんうめ()処分(しょぶん)(じょう)(はこ)べるように仕組(しく)みをつくっています。

また自治体(じちたい)では、学校(がっこう)でリサイクルをテーマにしたイベントを(おこな)っています。

ここでは現地(げんち)(かた)がごみをリサイクルして(つく)った作品(さくひん)をたくさん展示(てんじ)し、子供(こども)たちにリサイクルに(かん)する環境(かんきょう)教育(きょういく)(おこな)っています。

また国際(こくさい)機関(きかん)(れん)けいし大規模(だいきぼ)なワークショップも(かい)さいし、大人(おとな)たちの環境(かんきょう)意識(いしき)(すこ)しでも()がるような活動(かつどう)(おこな)っています。

ふきだし

これまで知る機会がなかった人も、参加できるかも!


日本(にほん)のスーダンへの支援(しえん)

スーダンでは、日本(にほん)のように()まった()にごみ収集(しゅうしゅう)(しゃ)()ないので、スーダンの(ひと)自分(じぶん)都合(つごう)のいい時間(じかん)(いえ)から(みち)にごみを()てます。

スーダンには野良犬(のらいぬ)家畜(かちく)、またごみを(ひろ)って生活(せいかつ)している(ひと)(いえ)から()たごみをあらすので、まちはどんどん(きたな)くなっていきます。

そこで日本(にほん)はごみ収集車(しゅうしゅうしゃ)をスーダンにプレゼントしてスーダンのまちをきれいにするための()()みを(おこな)ってきました。

写真

日本(にほん)からスーダンに寄贈(きぞう)されたごみ収集車(しゅうしゅうしゃ)
車体(しゃたい)にキャプテン(つばさ)のイラストがあります

ふきだし

なぜキャプテン翼のアニメのイラストが?調べてみよう

ひろげふかめよう
JICA (独立(どくりつ)行政(ぎょうせい)法人(ほうじん) 国際(こくさい)協力(きょうりょく)機構(きこう)

ふきだし

日本のごみ収集車で、ごみ問題は全て解決したの?

残念(ざんねん)ながら、まちをきれいにするためにはごみ収集車(しゅうしゅうしゃ)があるだけでは意味(いみ)がありません。

ごみ()しのルールがスーダンには()かったので、ごみ()しのルールを(つく)必要(ひつよう)がありました。

ルールを(つく)るのは機械(きかい)ではなく(ひと)です。

イラスト

ふきだし

どんな人たちがつくったの?

2014~2017(ねん)に、日本人(にほんじん)のごみの専門家(せんもんか)がスーダンへ派遣(はけん)されました。

そして、スーダンのごみ問題(もんだい)研究(けんきゅう)やごみ問題(もんだい)解決策(かいけつさく)(かんが)えるプロジェクトをスーダン(じん)一緒(いっしょ)(おこな)いました。

スーダンはとても(ひろ)いため、ごみの専門家(せんもんか)はどれだけごみを効率的(こうりつてき)回収(かいしゅう)するかという(てん)集中(しゅうちゅう)しました。

その結果(けっか)首都(しゅと)のハルツーム(しゅう)一部(いちぶ)地域(ちいき)で、日本(にほん)(おな)じように「()まった場所(ばしょ)()まった時間(じかん)にごみを()てる」というスーダンにとっては(あたら)しいルールを(つく)ることが出来(でき)ました。

ふきだし

日本の経験や技術が、海外の環境も良くしているんだ!

またスーダンには(おお)くのJICA海外(かいがい)協力(きょうりょく)(たい)派遣(はけん)されています。

その(なか)にはごみ問題(もんだい)解決(かいけつ)するために派遣(はけん)された隊員(たいいん)もたくさんいます。それらの隊員(たいいん)はボランティアとして学校(がっこう)小学生(しょうがくせい)中学生(ちゅうがくせい)環境(かんきょう)(かん)する授業(じゅぎょう)や、市役所(しやくしょ)でごみ収集(しゅうしゅう)プロジェクトや、スーダンの大学(だいがく)でごみ環境(かんきょう)改善(かいぜん)するプロジェクトを()っています。

(わたし)はそんなJICA海外(かいがい)協力(きょうりょく)隊員(たいいん)一人(ひとり)としてスーダンの市役所(しやくしょ)でごみ収集(しゅうしゅう)のプロジェクトをスーダン(じん)一緒(いっしょ)(おこな)いました。

ふきだし

森さんは、例えばどんなことをしたの?

スーダンではごみ()しの時間(じかん)がバラバラだったので、日本(にほん)(おな)じように()まった時間(じかん)()まった場所(ばしょ)にごみ()しするルールをスーダンの(ひと)一緒(いっしょ)(つく)りました。


写真

スーダンのごみ収集(しゅうしゅう)様子(ようす)

また、小学生(しょうがくせい)への環境(かんきょう)教育(きょういく)として、ペットボトルのリサイクルをテーマにして、使(つか)()わったペットボトルから(つく)るおもちゃの(つく)(かた)(おし)えました。

(とく)にけん(だま)はスーダンの()どもたちもたくさん(よろこ)んでくれました。

写真

公園(こうえん)中学生(ちゅうがくせい)環境(かんきょう)授業(じゅぎょう)

写真

小学生(しょうがくせい)使(つか)()わったペットボトルから(つく)るおもちゃの(つく)(かた)授業(じゅぎょう)

写真

使(つか)()わったペットボトルから(つく)ったけん(だま)大好評(だいこうひょう)

(わたし)たちにできることを(おし)えてください!

ものを大切(たいせつ)使(つか)習慣(しゅうかん)をつけましょう。

(あたら)しく()ったものは、時間(じかん)()てばいつかごみとなってしまいます。

しかし(おな)じものを(なが)(あいだ)使(つか)(つづ)ければごみは()えません。お(かね)節約(せつやく)にもなります。

またお(うち)から()るごみの(なか)にも、使(つか)(かた)によってはまだまだ(べつ)(かたち)使(つか)えるものもあるかもしれません。

(もの)()てる(まえ)には、ちょっと一息(ひといき)(かんが)えて、(なに)(べつ)使(つか)(かた)はないかと(かんが)えた(あと)()てましょう。

イラスト

また(いま)はまちにリユースショップもたくさんあります。

まだ使(つか)えそうな道具(どうぐ)やおもちゃは、ほしい(ひと)(さが)したり、リユースショップにもっていく(など)して、ごみにならない方法(ほうほう)(かんが)えましょう。

イラスト


ひろげふかめよう
アフリカのきれいな(まち)プラットフォーム事務局(じむきょく) (ACCP事務局(じむきょく)

前のページにもどる

一般社団法人産業環境管理協会  資源・リサイクル促進センター

〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町二丁目2番1号 三井住友銀行神田駅前ビル

WEBサイト利用規約 個人情報保護方針

Copyright (C) 2013 JEMAI  All Rights Reserved.