• 役割・業務紹介
  • 所在地・ご連絡先
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
ホーム  >  表彰  >  3R先進事例発表会

表彰

3R先進事例発表会

目的

3R先進事例発表会は、その年の「リサイクル技術開発本多賞」、「資源循環技術・システム表彰」受賞者による、受賞内容について講演していただき、受賞内容の普及啓発、ビジネス展開を支援することを目的としています。

令和元年度 開催日時・場所

開催日時 令和元年10月18日 13:00~16:00
(技術システム開発本多賞、資源循環技術・システム表彰 表彰式後)
開催場所 機械振興会館地下2階ホール(東京)
会場案内図はこちら 地図・会場案内

令和元年度 3R先進事例発表会

10月18日、機械振興会館ホール(東京都)において『令和元年度 3R先進事例発表会』を開催しました。

発表会風景   交流コーナ風景
発表会風景1   交流コーナ風景

3R先進事例発表会は、同日午前に開催されたリサイクル技術開発本多賞及び資源循環技術・システム表彰を受賞された方々に受賞内容を紹介いただく講演会です。基調講演は経済産業省にお願いいたました。

また、来場の皆様と「リサイクル技術開発本多賞」、「資源循環技術・システム表彰」受賞者が直接意見交換いただける「交流コーナー」も設置いたしました。

講演いただいた内容は、以下のプログラムの各講演件名をクリックするとご覧いただけます。


プログラム (講演件名をクリックすると講演内容がご覧いただけます。)
講演件名 講演者名(敬称略)
資源循環に関する動向について 経済産業省
産業技術環境局
資源循環経済課
課長 横手 広樹
リン回収リサイクルの研究 早稲田大学
リンアトラス研究所 
客員教授 大竹 久夫
パン酵母を分離剤として活用する貴金属・レアメタル
(金、パラジウム、白金)のバイオ回収
大阪府立大学
大学院工学研究科
物質・化学系専攻
教授 小西 康裕
レアアース磁石におけるサーキュラーエコノミーの推進 東京エコリサイクル株式会社 
営業部 
主任 松延 健史
複合機「使用履歴情報」活用による部品リユース量の拡大 富士ゼロックス株式会社 
モノ作り本部
生産企画管理部 
RCガバナンスグループ長 
柴崎 敏典
自動車用クランクシャフト鍛造におけるバリ(スクラップ)削減新技術 ホンダエンジニアリング株式会社  
営業統括本部 
パワーユニット生産技術部
パワーユニット塑型技術ブロック
技術開発プロジェクトリーダー
田中 智也
内外装材の製造に係る継続的な資源循環システムの構築 ケイミュー株式会社  
品質統括部 
環境管理グループ 
チームリーダー 守田 孝士
使用済み型枠再利用によるパネル製作 株式会社清都組 
代表取締役
清都 一章
軽量完全リサイクルプラスチックパレットの開発 J&T環境株式会社 
西日本本部 
担当部長 中務 定義
ホットナイフ分離法による太陽光パネルのガラスと金属の完全リサイクル 株式会社エヌ・ピー・シー 
環境関連事業部長 
土居 大亮
フレークtoプリフォーム ダイレクトリサイクル技術の開発 サントリーMONOZUKURI
エキスパート株式会社
SCM本部 
包材部 
小笠原 直也

 

なお、講演内容を予稿集にまとめています。こちら(旧CJC報告書閲覧システム)からご覧(ダウンロード)いただけます。

令和元年度 3R先進事例発表会講演論文集 表紙 報告書名:
令和元年度 3R先進事例発表会講演予稿集
発行年月:2019年10月
 
  整理No.[CJC-1902]

3R先進事例発表会 講演資料(バックナンバー)

平成30年度発表会
平成30年度発表会
平成29年度発表会
平成29年度発表会
平成28年度発表会
平成28年度発表会
平成27年度発表会
平成27年度発表会
平成26年度発表会
平成26年度開催報告
平成25年度発表会
平成25年度開催報告
   

 平成24年度以前の3R先進事例発表会の講演資料(冊子)は、旧CJC報告書閲覧システムからご覧(ダウンロード)いただけます。

 旧CJC報告書閲覧システム
  (報告書名に「論文集」と入力し検索いただくと平成24年度以前の講演資料(冊子)のPDFデータがご覧いただけます。)

※PDFファイルを表示するにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerは、アドビシステム社より無償で配布されています。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしていただけます。
Acrobat Reade

個人情報保護方針