レアメタルリサイクル/産業環境管理協会/資源・リサイクル促進センター

(一社)産業環境管理協会 資源・リサイクル促進センター

リチウムイオン電池からのレアメタルリサイクル(JX金属株式会社 環境リサイクル事業本部 敦賀工場)

JX金属株式会社 環境リサイクル事業本部 敦賀工場(福井県)

同社では、使用済み携帯電話等に含まれるリチウムイオン電池、および自動車用リチウムイオン電池製造工程から発生する廃正極材に含まれるコバルト、ニッケル、マンガン、リチウムを抽出分離し、それぞれ金属コバルト、金属ニッケル、炭酸マンガン、炭酸リチウムとして回収する工程の技術開発を行い、商業化のための実証試験を終え(2011年)、さらに最適経済規模生産体制構築のため新設備を導入建設し(2012年)、リサイクル実用化工程を構築した。
今回、同社が開発した溶媒抽出技術を利用した湿式リサイクル方法は、従来の湿式処理と比較して次の特徴がある。
 ① コバルト、ニッケルに加えて、マンガン(炭酸塩)、リチウム(炭酸塩)も回収可能。
 ② 金属コバルト、金属ニッケルまで高純度で製品化(純度99.95%)が可能。
本工程フローにおいて、2012~2013年度に民生用廃リチウムイオン電池の廃正極材と電池製造工程からのスクラップ正極材を合わせて496t処理し、コバルトを60t、ニッケルを145t製造、販売した。

図1.リチウムイオン電池からのレアメタル等のリサイクル回収フロー

 

〔JX日鉱日石金属〕工程フロー図

図2.工程フロー図

ページトップへ