• 役割・業務紹介
  • 所在地・ご連絡先
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
ホーム  >  表彰  >  資源循環技術・システム表彰

表彰

資源循環技術・システム表彰

目的

廃棄物の発生抑制(リデュース)、使用済み物品の再使用(リユース)、再生資源の有効利用(リサイクル)に寄与し、高度な技術又は先進的なシステムの特徴を有する優れた事業や取組を広く公募・表彰し、その奨励・普及を図ることにより、循環ビジネスを振興することを目的としています。本表彰は昭和50年度に設立し、現在に至っています。

過去に、「都市ごみ再資源化システム」、「副産物の再資源化システム」、「プラスチックリサイクル」、「サーキュラーエコノミーの推進」など、様々な3Rの技術・システムを顕彰、普及させることにより、資源の多くを海外に依存している我が国において、3Rの推進による資源の有効利用を推進し、我が国の地域振興、産業振興に寄与しています。

近年、国際的には、気候変動問題への対応や循環経済への転換が急速に進められています。我が国もカーボンニュートラルや資源効率性の向上に向けた取組など、環境負荷削減や資源循環への関心が高まり、循環型社会の実現に向けた動きが加速しています。

表彰対象

事業者、事業団体等(公募)

対象となる技術・取組

従来の廃棄物の抑制に係る取組みやリサイクルに係る技術開発だけでなく、資源循環に係る社会システムの構築・運用等、SDGs時代の先進的な技術開発や取組み事例も対象になります。

SDGsの目標9、11~15への貢献、カーボンニュートラルへの寄与、循環経済へのビジネスモデルの転換などは、これからの時代、投資家、顧客・調達先、消費者に向けた重要な取組みになります。

【例】

  • 廃棄物の抑制に係る取組みやリサイクルに係る技術開発
  • マテリアルリサイクルやケミカルリサイクルにおける技術開発
  • 製品設計の改良による資源投入或いは廃棄物発生削減への取組み事例/技術開発
  • 資源の回収・分別の高度化における取組や技術の開発
  • 複数企業/地域の連携による資源循環の高度化・効率化の事例
  • サーキュラーエコノミーの推進事例
  • その他 3R・資源循環に係る技術・システムの開発事例

賞の種類

  • 経済産業大臣賞(交付申請中)
  • 産業技術環境局長賞(交付申請中)
  • 産業環境管理協会会長賞
  • 奨励賞
  • コラボレーション賞※1
  • レアメタルリサイクル賞※2

※1   コラボレーション賞は、関係者の連携による使用済み物品や有用物の効率的な回収・再生、部品・原材料への利用拡大等が対象となります。

※2   レアメタルリサイクル賞は、他の賞と異なり、要素技術開発、パイロット試験、実証実験段階の取組も対象となります。

受賞ロゴマーク

受賞者は受賞ロゴマークを使用できます。詳しくは受賞ロゴマークの説明ページをご覧ください。

令和4年度スケジュール

今年度の募集は終了いたしました。

募集案内へリンク

募集期間 2022年1月17日~2022年4月18日(必着)
表彰式 2022年10月中旬
東京 予定

過去の受賞者一覧表(昭和50年度(第1回)~令和3年度(第47回)) ダウンロード(PDF: 401KB) ダウンロード(401KB)

令和3年度受賞者・業績

令和3年度受賞内容

 
令和3年度 資源循環技術・システム表彰

ダウンロード(PDF: 4.82MB) 一括ダウンロード(4.82MB)

  • 発表日  令和3年10月15日
  • 発行元  一般社団法人 産業環境管理協会
  • 後援    経済産業省
目次 ※各受賞者の3R先進事例発表会での講演内容は受賞件名をクリックするとご覧いただけます。
 
令和3年度「資源循環技術・システム表彰」審査委員名簿
 
審査総評
経済産業省大臣賞(2件5社)
1 家電リサイクル樹脂の循環型サプライチェーン構築 パナソニック株式会社 アプライアンス社 キッチン空間事業部
パナソニック株式会社 アプライアンス社 製造革新本部 加東樹脂循環工場
パナソニック株式会社 マニュファクチャリングイノベーション本部
パナソニックETソリューションズ株式会社
2 溶剤循環洗浄法による微量PCB汚染廃電気機器の処理及び金属リサイクルの実現 株式会社かんでんエンジニアリング
経済産業省産業技術環境局長賞(3件4社)
3 電気炉による鉄スクラップ等鉄屑の高付加価値特殊鋼製品へのリサイクル 山陽特殊製鋼株式会社
4 循環型社会を実現する高効率ファインバブル式液清浄化装置の開発 中部電力ミライズ株式会社
関西オートメ機器株式会社
5 使用後耐火物クローズドループリサイクル技術の確立 JFEスチール株式会社
一般社団法人産業環境管理協会会長賞(4件4社)
6 廃溶剤等を原料とした再生燃料のリサイクル事業 株式会社ダイセキ
7 災害備蓄食品のリデュースとリサイクルによる食品ロス削減事業 一般社団法人食品ロス・リボーンセンター
8 オイルリユースサービス 株式会社サーテック
9 促進酸化技術を用いた水性廃シンナーの処理方法の確立 トヨタ自動車株式会社
奨励賞(2件2社)
10 産業廃棄物である架橋ポリエチレンの資源循環の事業化 株式会社オオハシ
11 使用済み自動車部品の適正なリビルトプロセスの確立と普及を図るためのJSA規格の開発 株式会社アーネスト
レアメタルリサイクル賞(1件1社)
12 ガラス研削スラッジからのタンタル再利用技術の開発 株式会社住田光学ガラス

 本年度の3R先進事例発表会の講演資料(冊子)は、現在制作中です。
 令和2年度以前の3R先進事例発表会の講演資料(冊子)は、旧CJC報告書閲覧システムからご覧(ダウンロード)頂けます。

 旧CJC報告書閲覧システム
(報告書名に「予稿集」または「論文集」と入力し検索いただくと令和2年度以前の講演資料(冊子)のPDFデータがご覧いただけます。)

資源循環技術・システム表彰 受賞者・業績一覧(バックナンバー)

※平成25年度より、3R先進事例発表会での受賞者の講演内容が受賞一覧からご覧になれます。

令和2年度受賞業績
令和2年度受賞業績
令和元年度受賞業績
令和元年度受賞業績
平成30年度受賞業績
平成30年度受賞業績
平成29年度受賞業績
平成29年度受賞業績
平成28年度受賞業績
平成28年度受賞業績
平成27年度受賞業績
平成27年度受賞業績
平成26年度受賞内容
平成26年度受賞内容
平成25年度受賞内容
平成25年度受賞内容
平成24年度受賞内容
平成24年度受賞内容
平成23年度受賞内容
平成23年度受賞内容
平成22年度受賞内容
平成22年度受賞内容
平成21年度受賞内容
平成21年度受賞内容
平成20年度受賞内容
平成20年度受賞内容
平成19年度受賞内容
平成19年度受賞内容
平成18年度受賞内容
平成18年度受賞内容
平成17年度受賞内容
平成17年度受賞内容
平成16年度受賞内容
平成16年度受賞内容
平成15年度受賞内容
平成15年度受賞内容
平成14年度受賞内容
平成14年度受賞内容
平成13年度受賞内容
平成13年度受賞内容
平成12年度受賞内容
平成12年度受賞内容

 令和2年度以前の3R先進事例発表会の講演資料(冊子)は、旧CJC報告書閲覧システムからご覧(ダウンロード)いただけます。

 旧CJC報告書閲覧システム
  (報告書名に「予稿集」または「論文集」と入力し検索いただくと令和2年度以前の講演資料(冊子)のPDFデータがご覧いただけます。)

※PDFファイルを表示するにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerは、アドビシステム社より無償で配布されています。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしていただけます。
Acrobat Reade

個人情報保護方針